かみあわせ

268

しっかり噛むことができるとは、グラグラした歯がなく、痛みなく、左右均等にバランスよく噛めていること。

しっかり噛めるように、かみあわせを治していくと、体のバランスも整い、力も入ります。
噛むことは脳も刺激して、唾液も分泌されてアンチエイジングにつながります。

かみ合わせが良くない、元気よく噛めないなどの症状がある場合には、現在の状態をしっかり診査していきます。
1本のグラグラしている歯が原因のこともありますが、歯並びや歯ぎしりなど、原因はさまざまで、肩こりや腰痛につながっていくこともあります。

一つ一つ慎重に、より良く噛めるかみ合わせを目指して、慎重に治療していきます。

歯ぎしり、くいしばりのある方へ

自覚していたり、ご家族の方に指摘されたりと気づいている方、歯科医院で初めてわかる方などさまざまですが、ご自分の歯を永く守るためには、ケアが大切です。
歯ぎしり、くいしばりを続けていくと、かみ合わせる歯、その歯を支えている骨にも影響が出てきます。
歯がすり減ってしまう
歯が欠けてしまう
歯や根が割れてしまう
全体的に歯がしみる
骨隆起ができてくるなど

マウスピースを作製して歯を守る、全体的にかみ合わせを修正するなど、お一人おひとりの治療プランをご提案いたします。

顎が痛い、大きく開けられない、カクカク音がする・・・

顎の関節に症状がある顎関節症かもしれません。
首や背中、肩の凝りや頭痛にも関係してきます。
放置せずに、ひとつひとつ原因を取り除いて、体を楽にしていきましょう。