マタニティー歯科

産まれてくる赤ちゃんのために妊娠前、そして妊娠してからできること

1、お一人おひとりにあった歯みがき方法をご提案していきます。

妊娠中出血はする・・・
それは体のホルモンバランスの変化による妊娠性歯肉炎かも

妊娠中はつわりがあったり食べ物の好みが変わったりしてお口の中の環境も変化していきます。
お母さんが上手に磨けるようになると、産まれてくるお子さまの成長にあわせた、今後の仕上げ磨きも自信をもって出来るようになります。

2、お母さんのお口の環境を良くしてあげると、赤ちゃんも安心です
お母さんのお口の中が中等度・重度の歯周病の場合、血中への歯周病菌の侵入により、子宮内での炎症による赤ちゃんの発育不良がおこったり、子宮収縮が誘発されて、早産のリスクも高まります。

お母さんのお口の環境を良くしてあげることは、生まれてくる赤ちゃんのためにも、お母さんにとっても、とても良いことなのです。

3、妊娠中の診療について

妊娠後期や出産後の来院、治療はなかなか難しいため、できれば早めに検診を受けて、必要な歯科の治療は妊娠中期の安定期に行います。
麻酔が必要な場合や、薬を処方する必要がある処置などに関しては、通院されている産婦人科の先生に問い合わせをして、確認してから行います。