金属アレルギー

DSC_0007

ネックレスや指輪、メガネフレームなどの金属によって、皮膚がかぶれてしまう・・・

そんな方は、金属アレルギーの可能性があります。
 
 これらの品物には水銀、ニッケル、クロム、コバルト、パラジウムなどのアレルギーを引き起こす原因となるものが含まれていて、アレルギー疾患を引き起こす可能性があります。 

歯科の保険治療に用いられる、いわゆる銀歯は、金・銀・パラジウムなどの合金で構成されています。
入れ歯に使われる金属にも含まれているものもあります。

 歯科治療による金属アレルギーの症状は、お口の中が荒れたりする口内炎だけではなく、手のひらや足の裏側に水泡ができたりすることもあり、全身の症状に出てくることもあります。

 診療にあたり、金属アレルギーの可能性がある場合には、どの種類の歯科用金属がお体に合わないのかを調べて頂くこともあります。
 皮膚科にご依頼させて頂き、パッチテストを行って、合わない金属を分析していきます。

 その結果に基づいて、治療プランをご提案していきます。

 

分析の結果、歯科用金属が含まれていたら・・・

  まさにお口の中や、全身に金属アレルギーの症状がある場合には、お口の中に入っているその金属が含まれる詰め物、被せものを取り除き、原因を除去します。

 そして、メタルフリーの詰め物、被せものに交換していきます。

メタルフリーの材料

 歯の自然な色合いを表現しやすいセラミックス(陶器)
 詰め物が小さい場合にはCR(コンポジットレジン)

 また、入れ歯の場合には、金属を使わないノンクラスプデンチャーなどをご提案していきます