歯にもお体にもやさしい診療

なるべく削らない、歯を保存することを大切にし、お体へのご負担をできる限り少なくする診療をこころがけます。

speciality04-01
 診療には7倍の拡大鏡を用いて、肉眼では見えない小さな虫歯もしっかり取り除いていきます。ご自身の良い歯の部分を多く残せるような診療をこころがけます。
 

 また、治療の際の痛みをできる限り取り除くための無痛治療にも取り組みます。

(10)

麻酔するときのチクっとしたお痛みが出づらいように、始めに粘膜にゼリー状の表面麻酔を塗ります。

そして従来より細い注射針を使用して、麻酔薬剤を送り出す速度が一定にできる電動の注射器を使用していきます。
  
 また、血圧が高い、心臓の手術をしたことがあるなどのお体の状態に合わせて麻酔薬剤を選んでいきます。